世界のステーキ事情:国別ステーキカルチャーの違いと楽しみ方

query_builder 2024/06/06 ステーキ
世界中には様々なステーキカルチャーが存在します。一部の国では高級食材であると考えられていますが、他の国では日常食として楽しまれていることもあります。本記事では、ステーキがどのように異なる国々で楽しまれているのか、その違いと特徴を詳しくご紹介します。
GOLAZO
ロゴ
ご家族連れから学生のお客様まで、幅広い世代に愛されるステーキ店を目指しております。日野市を拠点に店舗を構え、柔らかくて肉汁があふれるステーキや栄養バランス豊富なサイドメニューなどをご提供いたします。
GOLAZO
住所:

〒191-0042

東京都日野市程久保8-48-5

電話番号:
042-506-5230

アメリカのステーキ文化

アメリカはステーキの消費量が非常に高く、多種多様なステーキが出回っています。

アメリカのステーキ事情

アメリカのステーキ事情は非常に興味深いものです。アメリカはステーキの消費量が非常に高く、多種多様なステーキが出回っています。Tボーンステーキやリブアイステーキなどが人気のあるカットです。アメリカのステーキは、肉のボリューム感が特徴的で、サイドディッシュと共にボリュームたっぷりに楽しまれます。肉質や焼き加減にもこだわりがあり、ジューシーで食べ応えのあるステーキを堪能することができます。アメリカではステーキをグリルで焼くことが一般的であり、ステーキの焼き技術も独自の文化として発展しています。また、アメリカのステーキはステーキハウスと呼ばれる専門店で楽しむことも一般的であり、豪華な雰囲気の中でステーキを堪能することができます。アメリカのステーキカルチャーは多様で広がりがあり、その魅力は世界中から注目を集めています。

アメリカ流の楽しみ方

アメリカ流のステーキの楽しみ方には独自の特徴があります。アメリカのステーキは、単なる食事以上のエンターテイメントとして楽しまれることが多いです。例えば、ステーキハウスでの食事は、豪華な雰囲気とともに料理のパフォーマンスが楽しめる場合があります。シェフが生の肉を目の前で焼き上げたり、フレーミングやフレアボーイの技術を披露したりと、目の前でステーキが調理される様子は一種のショーとも言えます。

アメリカのステーキはボリューム感もありますが、それだけではありません。サイドディッシュも重要な要素で、ジャガイモのステーキ、サラダ、野菜のグリルなど、様々な付け合わせが楽しめます。また、ソースやバターをトッピングすることも一般的です。これによって、より豪華で味わい深いステーキの一皿を楽しむことができます。

さらに、アメリカのステーキはビールやワインとの相性も良いとされています。マッチングする飲み物を選ぶことでステーキの味わいが一層引き立ちます。ビールの爽快な泡立ちやワインの深みある味わいとステーキのジューシーさが相まって、贅沢な食事の時間を演出します。

アメリカのステーキカルチャーは、細部にわたるこだわりやエンターテイメント性が見られるものです。ステーキを楽しむだけでなく、その場の雰囲気やサービス、調理の技術など、全体的な体験を大切にする文化が根付いています。アメリカには数多くのステーキハウスがあり、それぞれ個性的なステーキの楽しみ方を提供しています。アメリカ流のステーキ文化を体験することは、まさに新たな食の冒険とも言えるでしょう。

フランスのステーキ文化

フランスではステーキは、料理に独特な哲学を持つ国民性を反映しています。

フランスのステーキ事情

フランスのステーキ事情は独特であり、フランス料理の精神を反映しています。フランスではステーキの一つ一つに独自の哲学が込められており、そのカットや調理法にもこだわりがあります。エントレコートやシャトーブリアンなど、特異なカットのステーキが人気を集めています。

フランス料理では、シンプルながらも上質な食材を活かすことが重要視されています。そのため、フランスのステーキも肉の味わいを楽しむことに重点が置かれています。ステーキは旨みを引き出すため、塩と胡椒のシンプルな調味料で仕上げられることが一般的です。焼き加減も非常に重要で、見た目の色合いや肉の柔らかさを考慮して調整されます。

また、フランスのステーキはソースとの相性も大切にされます。バターや赤ワインをベースとしたソースが一般的であり、このソースがステーキに深みと風味を加えます。ソースを選ぶことで、それぞれのステーキの特徴を引き立てることができます。フランス料理のエッセンスを感じながら、ステーキの余韻を楽しむことができるのです。

フランスではステーキは高級食材として扱われ、特別な日の晩餐やイベントの食事に選ばれることが多いです。フランスのレストランでは、ステーキを熟練のシェフが目の前で焼き上げることもあります。その調理の儀式を見ることで、より一層ステーキの美味しさと尊さを感じることができます。

フランスのステーキカルチャーは、フランス料理の伝統と美学に根ざしています。細やかなこだわりと味のバランスが求められるフランスのステーキは、食べる人に多くの感動と満足を与えてくれます。フランスのステーキを味わいながら、その洗練された食文化に触れることは、まさに特別な体験となるでしょう。

フランス流の楽しみ方

フランス流のステーキの楽しみ方には独自の特徴があります。フランスのステーキは、食事そのものを時間をかけてゆっくりと楽しむことが重要視されます。食事はフランス文化の中心であり、ステーキも例外ではありません。

フランスではステーキを美味しく楽しむために、食事をゆっくりと進めることが求められます。時間をかけてじっくりと味わい、会話や交流を楽しみながら食事を進めることがフランス流のステーキの楽しみ方なのです。特に、フランスでのステーキはフィレンツェの象徴であるビステッカ・アッラ・フィオレンティーナや、ベネチア地方のカルニェ・アッラ・ピッコラなど、地域によって異なるステーキが存在します。これらのステーキは特別な料理として扱われ、食事の一環としてゆっくりと味わわれることが一般的です。

また、フランスのステーキは地元のワインとの相性も抜群です。フランスはワインの生産量と品質の面でも有名であり、豊富な種類のワインが楽しめます。ステーキとワインのペアリングを楽しむことで、一層豊かな味わいと調和が生まれます。フランス料理の中でも、ステーキとワインのマリアージュは非常に重要な要素であり、フランスのステーキカルチャーの一部として根付いています。

さらに、フランスではステーキを美味しく楽しむために、周りの要素にもこだわりがあります。美しいテーブルセッティングやセンスの良いディスプレイ、心地良い音楽など、食事の場としての雰囲気づくりが大切視されます。このような細やかな演出を通じて、ステーキを楽しむ人々の心にも深い満足感が生まれるのです。

フランス流のステーキの楽しみ方は、食事そのものが芸術の一つとして捉えられています。美味しいステーキを食べることだけでなく、それを取り囲む雰囲気や文化を一緒に楽しむことができるのです。フランスのステーキを味わいながら、食事の儀式としての贅沢さを感じてみてはいかがでしょうか。

アルゼンチンのステーキ文化

アルゼンチンは世界的に見ても牛肉の消費量が非常に高く、ステーキは日常の一部として存在します。

アルゼンチンのステーキ事情

アルゼンチンのステーキ事情は、世界的に見ても牛肉の消費量が非常に高いことで知られています。アルゼンチンにおいてはステーキは日常の一部として存在し、重要な食材とされています。特にアサードやパラヤと呼ばれる特徴的なステーキが親しまれています。

アルゼンチンは広大な牧草地が広がる国であり、牛肉の生産に適した地域です。そのため、アルゼンチンのステーキは、肉自体の質の高さが特徴です。牛肉は肉質が柔らかく、ジューシーで風味豊かな味わいが楽しめるのです。

アルゼンチンのステーキは、特にアサードやパラヤというカットが人気です。アサードはリブロースの一部で、霜降りの脂身が美味しさを引き立てます。一方、パラヤはサーロインの部位で、しっかりとした肉質と濃厚な味わいが特徴です。どちらのステーキも、肉本来の旨みとジューシーさを最大限に引き出す調理法が特徴的です。

アルゼンチンのステーキは、いわゆるバーベキューのような形式で楽しまれることが多いです。大きなグリルで焼かれた肉が、パーティーや家族の集まりの場で楽しまれます。このようなステーキの楽しみ方は、アルゼンチン人にとってコミュニケーションにも重要な役割を果たしています。ステーキの周りに集まり、美味しい肉を囲みながら会話や笑い声が交わされる姿は、アルゼンチンの文化や人々の絆を感じさせます。

アルゼンチンのステーキカルチャーは、肉の質、調理法、そしてコミュニケーションの場との結びつきによって形成されています。数々の風味豊かなステーキを楽しむことができるアルゼンチンでは、そのステーキ文化が世界的に注目を浴びています。アルゼンチンのステーキを味わいながら、彼らの風土や豊かな食のカルチャーに触れてみるのは、まさに特別な体験となることでしょう。

アルゼンチン流の楽しみ方

アルゼンチン流のステーキの楽しみ方には、独自のスタイルと共にコミュニケーションの重要性があります。アルゼンチンではステーキを楽しむことは、単なる食事以上の特別なイベントとして捉えられています。

アルゼンチン流のステーキは、バーベキュー形式で楽しまれることが一般的です。丸太の火を使った大きなグリルで肉が焼かれ、香ばしい焼き上がりが醸し出されます。このステーキの調理法は、「アサード」と呼ばれ、牛肉をじっくりと焼き上げることで旨みを引き出します。アルゼンチン人にとってこのアサードは、家族や友人たちとの団らんの場であり、大切なコミュニケーションツールでもあるのです。

アルゼンチンのステーキがバーベキュー形式で楽しまれる理由の一つは、肉そのものの質と調理法の相性です。アルゼンチンで生産される牛肉は、良質な飼料で育った牛から生産されるため、肉の品質が非常に高いのです。この上質な肉をアサードで焼くことによって、肉の旨みとジューシーさを最大限に引き出すことができます。

アルゼンチン流のステーキの楽しみ方は、肉だけでなく付け合わせも重要視されます。アルゼンチンでは、ステーキに共に楽しむためのサイドディッシュやソースが様々な種類提供されます。例えば、チムチュリソースは、香味野菜やハーブを使ったアルゼンチンの伝統的なソースであり、ステーキにより一層の風味を加えます。

アルゼンチン流のステーキ文化は、美味しい肉を満喫するだけでなく、家族や友人との絆を深める特別な時間を作り出すものです。バーベキューを囲みながら会話や笑い声が交わされ、一体感を感じることができます。アルゼンチン人にとって、ステーキは単なる食事ではなく、絆を育む大切な文化なのです。

アルゼンチン流のステーキの楽しみ方は、風味豊かな肉の味わいと、心地良いコミュニケーションの結びつきから生まれています。この特別な経験を通じて、アルゼンチンの独自のステーキカルチャーと人々の温かさを感じてみることは、まさに食の冒険となるでしょう。

日本のステーキ文化

ステーキは日本でも愛されており、和牛をはじめとしたさまざまな種類の肉が使用されています。

日本のステーキ事情

日本のステーキ事情は、和牛をはじめとしたさまざまな種類の肉が使用され、高品質と美味しさが広く認知されています。和牛は日本独特の飼育方法と管理された食事により、きめ細かい霜降りと優れた風味を持つ肉質が特徴です。

日本のステーキは、肉本来の美味しさを引き出すためにシンプルな調理法が用いられます。特に、厚切りでジューシーなステーキを楽しむために、焼き加減には特に注意が払われます。レアやミディアムレアが好まれ、肉自体の風味を最大限に活かすためにシンプルな塩と胡椒で味付けすることが一般的です。

また、日本のステーキは見た目の美しさにもこだわりがあります。肉の表面に香ばしい焦げ目をつけることで、プレゼンテーションの一環としても重要視されます。これによって、食欲をそそられる見た目と共に、肉の旨みと食感を楽しむことができます。

日本のステーキは、カットの種類や部位によっても楽しみ方が異なります。例えば、フィレやサーロインといった部位は、肉の柔らかさと脂のきめ細かさが魅力です。一方で、ヒレカツやトロヒレといった肉厚のカットは、肉の食べ応えを楽しむことができます。

日本のステーキは、見た目や味わいだけでなく、調理の際の丁寧さにも特徴があります。職人の技術と緻密な計量により、絶妙な焼き加減や厚みのバランスを保ちます。調理過程や食器の選び方も大切であり、質の高い食材と共に、和の美意識を感じることができます。

日本のステーキカルチャーは、和牛の高品質さや職人の技術に支えられ、広がっています。質の高い肉の味わいと丁寧な調理法を楽しみながら、和の美意識と繊細さを感じることができるのです。日本のステーキを堪能しながら、和の食文化の奥深さを味わってみてはいかがでしょうか。

日本流の楽しみ方

日本流のステーキの楽しみ方には、シンプルさと丁寧さが特徴的です。日本では、ステーキをただ食べるだけでなく、肉自体の味わいや調理法、そして食事の時間自体を楽しむことが重視されています。

日本流のステーキは、シンプルな調味料や調理法で素材の味わいを引き立たせます。特に、和牛のような高品質な肉は、塩と胡椒のシンプルな味付けだけで非常に美味しく食べることができます。このようなシンプルな調理法によって、肉自体の鮮やかな風味や質感を存分に楽しむことができるのです。

日本流のステーキは、焼き加減にもこだわりがあります。メディアムレアやレアといった肉の心地良いピンク色が美しく、柔らかな食感と旨みを堪能することができます。また、ステーキの盛り付けにも細かな気遣いがあり、見た目の美しさも楽しむ要素の一つです。

さらに、日本流のステーキは、食事の時間と共にゆっくりと楽しむことが大切視されます。一人一人が自分のペースでステーキを味わい、会話や雰囲気を楽しみながら食べることが重要です。食事は単なる栄養摂取の手段ではなく、心の安らぎや穏やかさを感じる時間として大切視されています。

また、日本ではステーキを楽しむ場所も多様です。一流のステーキレストランから気軽に楽しめるステーキハウス、さらには自宅での家庭料理としても人気があります。自宅での調理でも、シンプルながらも丁寧な調理法を心掛けることで、ステーキの美味しさを存分に楽しむことができます。

日本流のステーキの楽しみ方は、肉の品質や調理法だけでなく、食事の時間や雰囲気、心のゆとりにも注目しています。ステーキを通じて、美味しい肉を堪能するだけでなく、日本の食の文化を感じてみてはいかがでしょうか。自分自身のペースでゆっくりとステーキを味わいながら、心地よい時間を過ごすことができるのです。

オーストラリアのステーキ文化

オーストラリアはビーフ産業が盛んで、日常的にステーキを楽しむ文化があります。

オーストラリアのステーキ事情

オーストラリアのステーキ事情は、ビーフ産業が盛んであり、日常的にステーキが楽しまれる文化があります。オーストラリアは広大な牧草地を持ち、優れた品質の牛肉が生産されています。

オーストラリアのステーキは、豪快なサイズとグリルされた香ばしい焼き目が特徴です。特にポートハウスステーキやリブアイステーキが一般的で、ジューシーな肉質と濃厚な風味が楽しめます。このような大ぶりのステーキは、肉の食べ応えを存分に味わうことができるのです。

また、オーストラリアではステーキをバーベキュー形式で楽しむことが一般的です。家族や友人と集まって、庭や公園でバーベキューを行いながらステーキを楽しむ光景が見られます。バーベキューはレジャータイムの定番とされており、リラックスした雰囲気の中で美味しいステーキを楽しむことができます。

オーストラリアのステーキは、シンプルな調味料や調理法で自然の味わいを引き出すことが特徴です。一般的には塩と胡椒のみで味付けされ、焼き加減にも注目がされます。オーストラリアのステーキは、素材そのものの風味を引き立たせることを重視しており、創造的なソースや調味料を使わずに食材の本来の美味しさを楽しむことができるのです。

オーストラリアはビーフ産業に恵まれた国であり、優れた品質のステーキが楽しめることから、ステーキ愛好家にとっては一度訪れたい場所です。オーストラリアのステーキカルチャーは、その豪快さと美味しさが魅力であり、その魅力は世界的にも知られています。オーストラリアのステーキを堪能しながら、地元の文化と食の楽しみを体験してみてはいかがでしょうか。

オーストラリア流の楽しみ方

オーストラリア流のステーキの楽しみ方は、バーベキュー文化と自由さが特徴的です。オーストラリアでは、ステーキをバーベキュー形式で楽しむことが一般的であり、そのステーキを囲んで家族や友人と楽しむ時間は、多くの人々にとって特別な瞬間となっています。

オーストラリアのバーベキューでは、自然の中でのんびりとリラックスした雰囲気の中でステーキを楽しむことができます。公園やビーチでバーベキューグリルを使い、肉を焼き上げながら自由な時間を過ごす光景が見られます。特に週末や休日には、多くの人々がバーベキューを楽しむために集まります。

オーストラリアではステーキを焼くだけでなく、多くの場合、さまざまな食材やサイドディッシュと一緒に楽しまれます。野菜のグリルやシーフード、サラダなど、バーベキューの一環として多彩なメニューを用意することが一般的です。これによって、バラエティ豊かな味わいや食材の組み合わせを楽しむことができます。

オーストラリア流のステーキは、シンプルな調味料を使って調理されることが一般的です。塩と胡椒のシンプルな味付けに加えて、バーベキューソースやチャッカチャッカソース、トマトソースなど、様々なソースを添えることがあります。これによって、ステーキに個性的な味わいやアクセントを付けることができるのです。

オーストラリア流のステーキの楽しみ方は、自然と共に過ごすバーベキューの風景やリラックスした雰囲気を重視しています。オーストラリア人はステーキを通じてコミュニケーションを図り、家族や友人との絆を深める大切な時間を過ごします。自由な雰囲気と開放感溢れる場所で、美味しいステーキと共に心地良いひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。オーストラリア流のステーキ文化を体験することは、思い出に残る特別な体験となることでしょう。

イタリアのステーキ文化

イタリアでは、地域によって異なるステーキの楽しみ方が存在します。

イタリアのステーキ事情

イタリアのステーキ事情は、地域によって異なるステーキの楽しみ方が存在します。イタリアは美食の国として知られており、地元の食材と調理法を活かした独自のステーキが人気を集めています。

イタリアでは、フィレンツェの象徴であるビステッカ・アッラ・フィオレンティーナや、ベネチア地方のカルニェ・アッラ・ピッコラなど、様々なステーキが存在します。これらのステーキは、肉の素材の質や切り方を重視し、シンプルな調味料と調理法で味わうことが特徴です。

イタリアのステーキは、肉自体の風味を最大限に引き出すためにシンプルな調味料を使用します。塩や胡椒、オリーブオイルなど、地中海料理を彷彿させるアイテムが一般的です。このようなシンプルな調理法によって、肉の旨みや質感を存分に楽しむことができます。

イタリアのステーキは、焼き加減にもこだわりがあります。特にフィオレンティーナステーキでは、外側は香ばしく焼き目をつけ、中はジューシーなレア肉が求められます。これによって、肉の柔らかさと旨みが最大限に引き出され、豪快なステーキの味わいを楽しむことができます。

イタリアのステーキは、地元のワインとの相性も大切にされます。イタリアはワインの生産地としても有名であり、多様な種類のワインが楽しめます。ステーキとワインのペアリングによって、お互いの旨みが相乗効果を生み出し、より一層の味わいと調和を楽しむことができます。

イタリアのステーキ事情は、地域ごとの個性や文化を反映しています。地元の食材や伝統的な調理法を活かしたステーキは、イタリアの食文化の魅力を象徴する存在です。イタリアのステーキを味わいながら、その土地ならではの食のエッセンスを満喫してみてはいかがでしょうか。

イタリア流の楽しみ方

イタリア流のステーキの楽しみ方は、地元の食材や食文化を大切にすることが特徴です。イタリアでは、ステーキを美味しく楽しむために、食事そのものをゆったりと楽しむことが重視されています。

イタリア流のステーキは、地元のワインと共に楽しむことが一般的です。イタリアは世界的にも有名なワインの産地であり、各地域ごとに特長のあるワインが生産されています。ステーキとワインのマリアージュによって、料理と飲み物が相互に引き立て合い、より一層の風味と味わいを楽しむことができます。

さらに、イタリア流のステーキは、地元のワインだけでなく、様々な付け合わせも重要視されます。イタリアの食文化では、ステーキを肉だけでなく野菜やサラダと一緒に楽しむことが一般的です。これによって、様々な食材の風味やテクスチャーが組み合わさり、バランスの取れた食事となります。

また、イタリア流のステーキは施されるソースにも特徴があります。イタリアでは、ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナなどのステーキには、オリーブオイルやバルサミコ酢を少量垂らす程度でシンプルに味付けされることが一般的です。これによって肉の旨味が引き立ち、肉本来の風味を存分に楽しむことができるのです。

イタリア流のステーキの楽しみ方は、食事そのものを大切にし、地元の食材と味わいを最大限に引き出すことを重視しています。ゆったりとした食事の時間を過ごし、料理と会話を楽しみながら、イタリアの食の文化や人々の温かさを感じることができます。イタリアのステーキを味わいながら、食事を通して人との絆を深めてみてはいかがでしょうか。

インドのステーキ文化

宗教上の理由から牛肉はあまり食べないインドでも、チキンステーキは人気があります。

インドのステーキ事情

インドのステーキ事情は、宗教上の理由から牛肉はあまり食べられませんが、魚やチキンのステーキが一般的です。インドでは肉食が制限されるため、野菜や穀物を中心とした料理が一般的ですが、特にチキンステーキは人気があります。スパイスが豊かなインドでは、チキンステーキに様々なスパイスを使ったマリネを施し、独特の風味を楽しむことが多いです。インドのステーキ事情は牛肉を避けつつも、スパイスを駆使した独自のアレンジが施され、独特の味わいを楽しむことができます。

インド流の楽しみ方

インド流のステーキの楽しみ方は、スパイスと調味料を駆使して独特の風味を楽しむことが特徴です。スパイスはインド料理の重要な要素であり、チキンステーキには様々なスパイスを使用したマリネが行われます。主にカレースパイスやハーブを用い、チリパウダーやターメリック、コリアンダーシードなどが使われます。これによって、スパイシーで深い味わいと風味がチキンに広がり、特徴的なインドカレーの香りを楽しむことができます。

また、インドのステーキは、調理法にも工夫が凝らされています。タンドールと呼ばれる特殊な窯で焼き上げられることが多く、直火で焼かれることで独特の香ばしさと食感を生み出します。タンドールは炭火を用い、高温で焼くことでジューシーなチキンステーキを作り出すのです。

インド流のステーキは、スパイスの香りと調理法の特徴的な焼き加減が魅力ですが、食材の組み合わせや付け合わせにもこだわりがあります。野菜のカリフラワーやポテト、サラダといった付け合わせが添えられ、ビリヤニやナンといったインド料理と一緒に楽しまれることが多いです。これによって、ステーキと一緒に様々な味わいや食材の組み合わせを楽しむことができます。

インド流のステーキの楽しみ方は、スパイスと調理法を通じて独特な風味を楽しむことが重要です。スパイスの効いたマリネと炭火で焼かれたジューシーなチキンステーキは、独特な味わいと食感があり、インド料理の魅力を存分に引き出します。インドのステーキを味わいながら、スパイスの世界やインドの食文化に触れてみるのは、まさに特別な食の冒険となるでしょう。

最後に

以上、世界各国のステーキ事情と、それぞれの国でのステーキの楽しみ方について詳しく見てきました。

国別ステーキカルチャーの豊かさ

国別ステーキカルチャーの豊かさは、各国の文化や食文化を象徴する存在と言えます。アメリカのボリューミーなステーキやフランスの繊細な味わい、アルゼンチンの豪快なバーベキュー、日本の高品質な和牛ステーキなど、それぞれの国が持つ独自の特徴と美味しさを堪能することができます。世界中の国々のステーキカルチャーは、多様性と魅力に溢れており、それぞれの国でのステーキの楽しみ方を知ることは、食の冒険として非常に興味深いものです。

新たなステーキの楽しみ方を見つけよう

新たなステーキの楽しみ方を見つけることは、食の冒険として非常に魅力的です。例えば、異国のステーキカルチャーに触れてみることや、異なる調理法や味付けに挑戦してみることがあります。また、地域の食材や独自の調理法を取り入れることも新たなステーキの楽しみ方となります。さらに、付け合わせやソースにもこだわり、より一層ステーキの味わいを引き立てることも楽しいでしょう。自分の好みや創造力を活かしながら、新たなステーキの楽しみ方を見つけてみましょう。食の多様性を探求することで、今までにない驚きや喜びを見つけることができるはずです。より豊かなステーキ体験を追求し、食の世界を広げていきましょう。

GOLAZO
ロゴ
ご家族連れから学生のお客様まで、幅広い世代に愛されるステーキ店を目指しております。日野市を拠点に店舗を構え、柔らかくて肉汁があふれるステーキや栄養バランス豊富なサイドメニューなどをご提供いたします。
GOLAZO

〒191-0042

東京都日野市程久保8-48-5