ステーキに最適!メインにぴったりの付け合わせの紹介

query_builder 2024/04/22 ステーキ ドリンク
美味しいステーキには、それだけでなく付け合わせも重要な役割を果たします。本記事では、ステーキに合う様々な付け合わせの一覧とその作り方を紹介します。サラダからスープ、じゃがいも、野菜の副菜まで、手軽に作れて美味しい付け合わせについて学びましょう。
GOLAZO
ロゴ
ご家族連れから学生のお客様まで、幅広い世代に愛されるステーキ店を目指しております。日野市を拠点に店舗を構え、柔らかくて肉汁があふれるステーキや栄養バランス豊富なサイドメニューなどをご提供いたします。
GOLAZO
住所:

〒191-0042

東京都日野市程久保8-48-5

電話番号:
042-506-5230

付け合わせの基本知識

ステーキの付け合わせと聞くと何を思い浮かべますか?まずは付け合わせの基本について学びましょう。

とは?付け合わせの役割

ステーキにぴったりな付け合わせの役割とは、食事のバランスを整えることやメインの料理を引き立てることです。美味しいステーキを堪能するためには、付け合わせが欠かせません。例えば、野菜の爽やかな酸味や香りがステーキの脂っこさを引き締め、食べ応えを与えます。また、じゃがいもや米などの炭水化物は、ステーキの旨味を引き立てると同時に、食事をより満足感のあるものにしてくれます。付け合わせは単なる添え物ではなく、ステーキとの相性やバランスを考え、一体感のある食事を演出する重要な要素なのです。さまざまな付け合わせの中から、自分の好みや食材の組み合わせで最適な付け合わせを見つけましょう。ステーキに合う付け合わせを考えることで、より一層の食事の楽しみが広がることでしょう。

相性の良い付け合わせの選び方

ステーキに相性の良い付け合わせを選ぶ際の基本ルールを紹介します。まず、ステーキの味わいや特徴を考えて、それに対して引き立てる付け合わせを選ぶことが大切です。例えば、ステーキの旨味をより際立たせたい場合には、濃厚なソースや香り高いハーブを使った付け合わせがオススメです。一方で、ステーキの脂っこさを軽やかにするためには、酸味のある野菜や爽やかなサラダが合います。また、ステーキの肉質や焼き加減によっても、付け合わせの選び方は異なります。例えば、肉質がやわらかいステーキには、クリーミーなマッシュポテトやバターコーンなどの相性が良いでしょう。一方で、肉質がしっかりとしたステーキには、シーザーサラダやトマトとバジルのソテーなどの軽やかな付け合わせがマッチします。また、季節によっても付け合わせを選ぶことがおしゃれで美味しい食事の醍醐味の一つです。例えば、夏には爽やかなフルーツを使ったサラダや、野菜のソテーがぴったりです。冬には温かいスープや根菜のグリル野菜がステーキとの相性が良いでしょう。ステーキに合う付け合わせを選ぶ際には、自分自身の好みや季節感、そしてステーキの特徴を考慮しながら、バランスのとれた組み合わせを楽しんでください。

簡単に作れるサラダの付け合わせ

サラダは手軽に作れて、見た目も華やかな付け合わせ。ステーキとの組み合わせを考えてみましょう。

シーザーサラダ

ステーキに合う美味しい付け合わせの一つとして、シーザーサラダがあります。シーザーサラダはクラシックな味わいでありながら、ステーキとの相性も抜群です。まず、シーザーサラダの特徴としては、シンプルな材料で構成されていることが挙げられます。ロメインレタス、パルメザンチーズ、クルトン、シーザードレッシングが基本的な材料であり、シンプルながらも豊かな味わいを持っています。ステーキとの組み合わせでは、シーザーサラダの爽やかな酸味やクリーミーさがステーキの脂のしつこさを引き立て、口の中での調和を生み出します。さらに、クルトンのパリッとした食感やパルメザンチーズの風味が、ステーキの旨味をより一層引き立ててくれます。シーザーサラダの作り方も比較的簡単で、材料を混ぜ合わせるだけという手軽さも魅力です。自宅で手作りする際には、新鮮なロメインレタスやパルメザンチーズ、香り高いクルトンを使うことがポイントです。また、ドレッシングは市販のものを使用するか、自家製のものを作るなど、お好みに合わせて調整しましょう。シーザーサラダはステーキの主役に対して、パートナーとなる存在です。そのクラシックな組み合わせは、多くの人に愛されてきた組み合わせです。ぜひ、美味しいステーキと一緒にシーザーサラダを楽しんでみてください。

ビーツとベビーリーフのサラダ

ステーキに合うもう一つのおすすめの付け合わせは、ビーツとベビーリーフのサラダです。ビーツは甘みがありつつも独特の風味を持つ野菜であり、ベビーリーフは苦味や鮮やかな色合いが特徴です。この二つを組み合わせたサラダは、ステーキの旨味を引き立てるだけでなく、見た目にも華やかさを添えてくれます。

ビーツはバイタリンやビタミンC、食物繊維などの栄養素が豊富で、体に良い影響を与えることが知られています。ステーキとの相性も良く、その甘みが肉の旨味を引き立ててくれます。ベビーリーフはさまざまな種類があり、苦味や野菜の鮮やかな色合いが特徴です。ステーキの食事において、野菜の栄養を手軽に摂ることができるのも魅力です。

ビーツとベビーリーフのサラダの作り方は比較的簡単です。まず、ビーツは茹でてから冷まし、皮をむいてスライスします。次に、ベビーリーフと一緒にボウルに盛り付けます。ドレッシングは、ビーツとベビーリーフの味わいを引き立てるために、シンプルなレモンオリーブオイルドレッシングやビネグレットを選ぶのがおすすめです。

ビーツとベビーリーフのサラダは、見た目もきれいで華やかな一品となります。ステーキの主役として存在感を放ちつつ、サラダの役割も果たしてくれるのです。その独特の組み合わせは、食事をより一層楽しいものにしてくれます。ぜひ、ビーツとベビーリーフのサラダを試してみて、ステーキとの相性の良さを堪能してください。

じゃがいもを使った付け合わせ

ステーキによく合うとされるじゃがいもを使った付け合わせを紹介します。

ガーリックポテト

ステーキによく合う付け合わせの一つとして、ガーリックポテトがあります。ガーリックポテトは、香り高いガーリックと香ばしいポテトの組み合わせが特徴で、ステーキの味わいを引き立てる一品です。

ガーリックポテトの作り方は比較的簡単です。まず、じゃがいもを適度な大きさに切り、オーブンで焼きます。その間に、にんにくをみじん切りにし、オリーブオイルと一緒にフライパンで香りを出します。焼き上がったじゃがいもに、香り高いガーリックオイルを絡めて、塩やこしょうで味付けします。焼き色がつくまでさらにオーブンで焼けば、香ばしいガーリックポテトの完成です。

ガーリックポテトは、ステーキの主役であるお肉との相性が抜群です。香ばしいポテトの食感と、ガーリックの風味がステーキの旨味を一層引き立てます。また、ジューシーなステーキに対して、ガーリックポテトのシャキシャキとした食感がアクセントとなり、食事のバランスをより良くしてくれます。

ガーリックポテトは簡単に作ることができる上に、味わいも豊かで大満足の一品です。ステーキをさらに美味しく楽しむために、ぜひガーリックポテトを試してみてください。香り高いガーリックと香ばしいポテトの組み合わせが、食事をより一層豪華なものにしてくれることでしょう。

マッシュポテト

ステーキによく合う付け合わせの一つとして、マッシュポテトがあります。クリーミーで滑らかなテクスチャーが特徴のマッシュポテトは、ステーキの肉質や旨味を引き立てる絶妙な一品です。

マッシュポテトの作り方は比較的簡単です。まず、ジャガイモを茹でて柔らかくし、余熱で水分を飛ばします。その後、バターや牛乳を加えながら、マッシャーなどでしっかりとつぶします。つぶし終わったら塩やこしょうで味付けし、滑らかなクリーミーさを出すために、よく混ぜ合わせます。最後に、お好みでチーズやハーブをトッピングすると、より一層の味わいが楽しめます。

マッシュポテトは、ステーキの主役であるお肉との相性が格別です。クリーミーなテクスチャーが、柔らかいステーキの口当たりをより一層豊かなものにしてくれます。マッシュポテトの穏やかな味わいは、ステーキの旨味を引き立てつつも、くどくならずに食事のバランスを整えます。

また、マッシュポテトはバリエーション豊かにアレンジすることができます。例えば、チーズを加えて濃厚な味わいにしたり、ハーブを使って香りをプラスしたりすることで、さらに楽しみが広がります。自分の好みに合わせてアレンジしながら、マッシュポテトを楽しんでみてください。

ステーキに合う絶品な付け合わせとして、クリーミーで滑らかなマッシュポテトは欠かせません。ぜひ、美味しいステーキと一緒に楽しんでみてください。マッシュポテトのクリーミーさが、ステーキの味わいを一層高めることでしょう。

スープの付け合わせ

スープは栄養バランスを整える効果も。ステーキと合うスープのレシピを紹介いたします。

ミネストローネ

ステーキによく合うスープの一つとして、ミネストローネがあります。ミネストローネはイタリア料理の代表的なスープであり、具だくさんで栄養バランスも良く、ステーキとの相性も抜群です。

ミネストローネの特徴は、多種多様な野菜がぎっしり詰まっていることです。トマトベースのスープに、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ズッキーニ、キャベツ、豆類など、季節の野菜をたっぷりと入れます。野菜の旨みがスープに溶け込むことで、コクのある味わいを楽しむことができます。

ステーキとの組み合わせでは、ミネストローネの野菜の甘みや酸味が、ステーキの旨味を引き立てます。また、ステーキの肉厚感に対して、ミネストローネの具だくさんなテクスチャーやスープのほどよい濃さが相性抜群です。野菜をたっぷり摂取することで、さっぱりとした口当たりとしっかりとした食事のバランスを実現することができます。

ミネストローネの作り方は、一度に全ての野菜を一緒に煮込むことがポイントです。目ざとく野菜の順番を考えながら、丁寧に調理することで、野菜の食感や旨みを引き出すことができます。加えて、ハーブやスパイス、パルメザンチーズの風味を加えることで、より深みのある味わいを作り出すことができます。

寒い季節には特におすすめのミネストローネは、ステーキとの相性が良い組み合わせです。野菜たっぷりの栄養豊富なスープと、ジューシーなステーキを一緒に楽しんでみてください。ミネストローネの具だくさんな味わいが、ステーキの食事をより一層豪華なものにしてくれることでしょう。

クリームポタージュ

ステーキによく合うスープの一つとして、クリームポタージュがあります。クリームポタージュは滑らかなクリームのテクスチャーと豊かな味わいが特徴で、ステーキとの相性も抜群です。

クリームポタージュは、クリームやバター、野菜の旨みを組み合わせて作られるスープです。豊かなコクとまろやかな口当たりが特徴であり、ステーキの旨味を一層引き立てます。クリームの風味がステーキの食事をより豪華なものに変えてくれるでしょう。

クリームポタージュの作り方は比較的簡単です。まず、野菜をみじん切りにしてバターで炒め、野菜の旨みを引き出します。次に、コンソメやスープの素、牛乳、クリームを加えて煮込み、野菜の柔らかさとスープのコクを出します。最後に、手順によってはブレンダーで滑らかになるまで混ぜたり、シーブで漉したりすることで、クリームポタージュの完成です。

クリームポタージュは、ステーキの主役であるお肉との相性が絶妙です。滑らかなテクスチャーと濃厚な味わいがステーキと相まって、贅沢な食事のひと時を演出してくれます。また、クリームポタージュはステーキの肉質や旨味をより一層引き立てるだけでなく、食事のバランスを整える役割も果たしてくれます。

クリームポタージュは、冬の寒い日にぴったりのスープです。ジューシーなステーキと一緒に、温かくて濃厚なクリームポタージュを楽しんでみてください。スープのコクとステーキの食事が絶妙に調和し、食事の満足感を高めることでしょう。

野菜ソテーについて

栄養満点でヘルシーな野菜ソテーの付け合わせも一緒に考えてみましょう。

季節の野菜のソテー

ステーキによく合う付け合わせの一つとして、季節の野菜のソテーがあります。季節の野菜を使ったソテーは、見た目にも美しく、ステーキとの相性も抜群です。

季節の野菜を使ったソテーは、その時期の旬の野菜の風味や鮮やかな色合いを楽しむことができます。春にはアスパラガスや新じゃがいも、夏にはズッキーニやオクラ、秋にはかぼちゃやサツマイモ、冬にはブロッコリーや人参など、季節によって異なる野菜を選んでソテーにすることができます。

野菜のソテーは、シンプルな調理法でありながら、野菜本来の美味しさを引き出すことができます。まず、適度な大きさに切った野菜をフライパンに入れてオリーブオイルでソテーします。野菜がシャキッとした食感になるまで、程よく焼き上げます。塩やこしょうで味付けし、お好みでハーブやスパイスを加えることで、香りや風味をプラスすることもできます。

ステーキとの組み合わせでは、季節の野菜のソテーがステーキの食事をよりバランスの取れたものにしてくれます。野菜の旨みや風味がステーキの旨味を引き立て、食事に軽やかさや彩りを添えてくれます。野菜のソテーは、さまざまな野菜の組み合わせや調理法で自由にアレンジすることができます。自分の好きな野菜や調味料を使って、オリジナルのソテーレシピを楽しんでみてください。

季節の野菜のソテーは、ステーキと一緒に食べることで、野菜の旬の風味を存分に楽しむことができます。見た目も華やかで、栄養も豊富な一品です。ぜひ、旬の野菜を使ったソテーを試してみて、ステーキとの相性の良さを味わってください。

トマトとバジルのソテー

ステーキによく合う野菜のソテーの一つとして、トマトとバジルのソテーがあります。トマトとバジルはイタリア料理でよく使われる組み合わせであり、ステーキとの相性も抜群です。

トマトとバジルのソテーは、シンプルながらも鮮やかな風味を楽しめる一品です。トマトの酸味と甘み、バジルの香りが絶妙に合わさり、ステーキの旨味を引き立てます。トマトのジューシーな食感とバジルの爽やかな風味が口の中に広がり、食事にさわやかさと彩りを添えてくれます。

トマトとバジルのソテーの作り方はとても簡単です。まず、トマトを適当な大きさにカットし、バジルもざく切りにします。フライパンにオリーブオイルを熱し、トマトとバジルを入れて炒めます。トマトがしんなりとして、バジルの香りが広がるまで炒め続けます。塩やこしょうで味付けし、最後にお好みでパルメザンチーズをトッピングしても美味しくいただけます。

トマトとバジルのソテーは、シンプルでありながらも素材の味わいを最大限に引き出した一品です。ステーキとの組み合わせでは、トマトの酸味とバジルの香りがステーキの味わいを一層際立たせます。トマトが持つ酸味が肉の旨味を引き締め、バジルの香りがステーキの風味を引き立てるのです。

トマトとバジルのソテーは、イタリア料理の影響を受けたおしゃれな一品です。ぜひ、美味しいステーキと一緒に楽しんでみてください。トマトとバジルの組み合わせが、食事をより一層華やかなものにしてくれることでしょう。

一緒に作りたい副菜

ステーキに合わせたい美味しい副菜のレシピをご紹介します。

グリル野菜

ステーキによく合う美味しい副菜の一つとして、グリル野菜があります。グリル野菜は、炭火で焼くことで野菜の風味が一層引き立ち、ステーキとの相性も抜群です。

グリル野菜の作り方は比較的簡単です。まず、お好みの野菜を選びます。夏にはパプリカやズッキーニ、玉ねぎ、冬には人参やじゃがいも、季節によって異なる野菜を使ってバラエティ豊かな組み合わせを楽しむことができます。野菜を適度な大きさに切り、オリーブオイルや塩、こしょうで味付けします。そして、グリルパンやバーベキューグリルでじっくりと焼き上げます。野菜に炭火の香りが広がり、外側は香ばしく中はジューシーな食感に仕上がります。

グリル野菜は、ステーキのメインディッシュに対して彩りや食材のバラエティをプラスしてくれます。焼き野菜の風味と食感がステーキの旨味を引き立て、食事のバランスを良くしてくれます。焼き目がついた野菜は見た目にも美しく、食欲をそそる存在です。

また、グリル野菜はアレンジの幅も広いです。ハーブやスパイスを使って風味をプラスしたり、バルサミコ酢やレモン汁でさっぱりとした味わいに仕上げたりすることもできます。自分の好みやステーキとの相性に合わせてアレンジしてみてください。

グリル野菜は、野菜の自然な甘さや香りを引き出してくれる一品です。ぜひ、美味しいステーキと一緒に楽しんでみてください。グリル野菜の香ばしい風味と野菜の食感が、ステーキの食事をより一層豊かなものにしてくれることでしょう。

バターコーン

ステーキによく合う美味しい副菜の一つとして、バターコーンがあります。バターコーンは甘さと香ばしさが特徴で、ステーキの味わいを引き立てる一品です。

バターコーンの作り方は非常に簡単です。まず、新鮮なトウモロコシを取り出し、実を包むように万能バターをまんべんなく塗ります。次に、アルミホイルに包み、オーブンで焼くかバーベキューグリルで直接焼くことができます。トウモロコシが甘く、バターがとろけるまで焼き上げます。最後に塩やこしょうで味付けし、好みでハーブやレモンの香りを加えることもできます。

バターコーンは、トウモロコシの甘さとバターのコクが絶妙に組み合わさり、ステーキの旨味を一層引き立てます。香ばしいバターの香りがトウモロコシに染み込み、口に入れるとジューシーな食感が広がります。トウモロコシの甘みとステーキの旨味が相性抜群で、食事の一層の満足感を提供してくれます。

バターコーンは、シンプルでありながらも素材の味わいを楽しめる一品です。ステーキの主役であるお肉との相性が素晴らしく、一緒に食べることで食事のグレードが一段階上がります。トウモロコシの甘さとバターのコクが融合し、口の中で広がる美味しさは格別です。

バターコーンは、バーベキューの一品としても人気がありますが、オーブンで焼くこともできます。どんな方法を選んでも、香ばしさと甘さが引き立ったバターコーンは、ステーキとの相性の良さを十分に楽しむことができます。

ぜひ、美味しいステーキと一緒にバターコーンを試してみてください。トウモロコシの甘みとバターのコクが、食事をより一層豊かなものにしてくれることでしょう。

ステーキに相性の良いドリンク

ステーキの料理と最高のマリアージュを楽しむためのドリンク選びのポイントを伝授します。

赤ワイン

ステーキの料理と最高のマリアージュを楽しむためには、赤ワインがおすすめです。赤ワインはステーキの旨味を引き立てるだけでなく、食事全体のバランスを整える効果もあります。

赤ワインは、ステーキとの相性が非常に高いとされています。豊かな果実味やタンニンの力強さが、ジューシーなステーキの風味を引き立てます。特に、赤身のステーキと相性が良いとされていますが、脂の多い部位との組み合わせでも相性が抜群です。

赤ワインをステーキに合わせるためには、適切なワインを選ぶことが大切です。まずは、ステーキの肉の種類に応じてワインを選びましょう。例えば、牛肉にはフルボディの赤ワインがよく合います。また、ステーキの調理法やソースの味わいにも注目し、適したワインを選びましょう。赤ワインの中には、ステーキに合わせて大人の風味や芳醇な香りを引き出すものもあります。

赤ワインをステーキと一緒に楽しむ際には、適切な温度でも提供することが重要です。一般的には、赤ワインは15℃から18℃の間で提供するのがおすすめです。冷たすぎず、温かすぎない温度が、ワインの風味を最大限に引き出してくれます。

赤ワインはステーキをより豪華な食事に変えてくれる一方で、食事のバランスも整えてくれます。ステーキのジューシーな旨味と赤ワインのリッチな味わいが絶妙に組み合わさり、食事に深みと贅沢さを加えてくれるでしょう。

ステーキと赤ワインの組み合わせは、食事をより一層楽しむための最適な選択です。赤ワインの奥深い味わいとステーキの肉の旨味が調和し、まさに舌の上で華やかなシンフォニーが奏でられるのです。ぜひ、美味しいステーキと共に赤ワインを楽しんでみてください。

ビール

ステーキに合うドリンクとして、ビールもおすすめです。ビールはさっぱりとした味わいと炭酸の刺激があり、ステーキの食事との相性が良いため、多くの人に愛されています。

ビールはステーキの脂っこさを解消する効果があります。スッキリとした味わいや炭酸の刺激が、ステーキの食事をより軽やかなものに変えてくれます。また、味わいと一緒にビールの冷たさもクールダウン効果をもたらし、暑い季節にはさらに愉しみが増えます。

ビールをステーキと一緒に楽しむときには、ステーキの種類や調理法によってビールの種類を選ぶことが大切です。ジューシーで柔らかい肉質のステーキには、ラガーやペールエールなどの軽やかな味わいのビールが合います。一方、しっかりした肉質のステーキや味わいの濃いソースを使ったステーキには、スタウトやポーターなどのよりコクのあるビールが相性が良いでしょう。

また、ビールをステーキと一緒に楽しむ際には、適切な温度で提供されることが重要です。冷えすぎず、温かすぎず、おいしいビールを楽しむためには、お店や自宅での冷蔵庫の温度管理に気を付けましょう。ビールがステーキとともに最高の温度で提供されると、食事の満足感もさらに高まります。

ステーキとビールの組み合わせは、特にアウトドアやバーベキューなど、リラックスした雰囲気で楽しむことができます。ともにおいしいビールとジューシーなステーキを味わいながら、友人や家族と楽しいひとときを過ごしてみてください。

ステーキとビールという組み合わせは、カジュアルかつ贅沢な食事の一例です。ビールの爽やかな味わいとステーキのジューシーな旨味が融合し、食事をより一層楽しませてくれることでしょう。ぜひ、美味しいステーキと冷えたビールを共に味わいながら、至福の時間を楽しんでください。

まとめ

今回はステーキに合う付け合わせについて深く掘り下げました。

一品一品の組み合わせを楽しもう

ステーキに合う付け合わせを選ぶ際、一品一品の組み合わせを楽しむことが大切です。いくつかの付け合わせメニューを組み合わせることで、ステーキの食事がよりバランスの取れたものになります。

まずは、ステーキの肉質や焼き加減に合わせた付け合わせを選んでみましょう。柔らかな肉質のステーキには、クリーミーなマッシュポテトやグリル野菜が相性が良いです。一方、肉質がしっかりしたステーキには、シーザーサラダやトマトとバジルのソテーがマッチします。付け合わせの選択肢は豊富であり、自分の好みや食材の組み合わせを考えながら、バランスの良い食事を楽しんでください。

また、季節の野菜を活用した付け合わせもおすすめです。季節ごとに旬の野菜を選び、サラダやソテーにしてみると、食事の彩りや栄養バランスもより豊かになります。例えば夏には爽やかなトマトやズッキーニを使ったサラダがぴったりですし、冬には根菜をグリル野菜にして、温かいステーキと共に楽しむこともできます。

さらに、付け合わせとしてのバリエーションも大切です。同じステーキでも付け合わせを変えることで、全く違う味わいを楽しむことができます。例えば、ガーリックポテトとマッシュポテトのように、味わいにコントラストをつける組み合わせや、バターコーンとグリル野菜のようにテクスチャーの違いを楽しむこともできます。付け合わせのバリエーションを増やすことで、毎回の食事がユニークで楽しいものになります。

ステーキに合う付け合わせを自由に選び、それぞれの組み合わせを楽しんでみてください。一品一品の組み合わせを考えることで、ステーキの食事がより魅力的なものになることでしょう。食事のバリエーションを増やし、自分の好みや季節感を取り入れながら、ステーキとのハーモニーを追求してください。

付け合わせでバリエーションを増やそう

ステーキに合う付け合わせは、バリエーションを増やすことでさらに楽しみが広がります。同じステーキでも付け合わせを変えることで、全く違う味わいや食事の印象を楽しむことができます。

付け合わせでバリエーションを増やすためには、さまざまな料理や食材を取り入れることが重要です。例えば、サラダを作る際には、レタスだけでなくシーズンの野菜や果物を加えることで、色とりどりの見た目とさまざまな味わいを楽しむことができます。また、じゃがいもを使った一品には、ガーリックポテトやマッシュポテトだけでなく、フライドポテトやポテトサラダなども試してみましょう。

さらに、フレーバーや調味料のバリエーションも考慮することが重要です。例えば、ソースやドレッシングを変えるだけで付け合わせの味わいが大きく変わります。さまざまなハーブやスパイス、レモンの酸味など、お好みに合わせた風味を加えて独自のバリエーションを作り出すことができます。

また、国や地域の料理を取り入れてみることもおすすめです。例えば、メキシコ料理のギネスやグアカモーレ、韓国料理のキムチやおひたし、イタリア料理のリゾットやトマトソースなど、さまざまな国や地域の特色ある料理をステーキとの組み合わせで楽しむことができます。異国の味わいがステーキとの相性で一層魅力的なものになります。

付け合わせでバリエーションを増やすことは、食事の楽しみを広げるだけでなく、自分の好みや食事のバランスに合わせたアレンジができることでもあります。ステーキの美味しさをさらに引き立てるために、色々な付け合わせを試してみてください。自分だけのオリジナルなステーキメニューを楽しむことができることでしょう。

GOLAZO
ロゴ
ご家族連れから学生のお客様まで、幅広い世代に愛されるステーキ店を目指しております。日野市を拠点に店舗を構え、柔らかくて肉汁があふれるステーキや栄養バランス豊富なサイドメニューなどをご提供いたします。
GOLAZO

〒191-0042

東京都日野市程久保8-48-5